スポーツ少年団のリーダーとは

 

スポ少は小学生だけじゃない!

現在スポーツ少年団は、登録団員の90%以上が小学生です。

しかしながら、中学生・高校生も満19歳までは団員として登録ができるのです。

そして、中学生・高校生の団員には自らのスポーツを楽しむことに加えて、リーダーとしての役割も期待されています。

リーダーが指導者と小学生団員の間に立つことで、スポーツをはじめとする諸活動が円滑に進み、魅力あるものとなります。

リーダーは団員にとって年齢の近い身近な目標であり、未来の指導者でもあるのです。

 

 

指導者はウチから育てるもの!

日本スポーツ少年団にはリーダーの養成制度があります。

都道府県単位でジュニア・リーダースクールが、日本本部主催でシニア・リーダースクールが毎年開催されています。

さらに、シニア・リーダーの資格を取得後も少年団活動を継続し20歳で指導者登録をすれば、自動的に「日本体育協会認定スポーツリーダー(スポーツ少年団認定員)」の資格が与えられます。このようにスポーツ少年団は団体内で指導者の育成を図ることができるのです。

しかしながら、全国的にはリーダーの人口はとても少ないのが現状です。

 

 


<参考サイト>

公益財団法人日本体育協会/スポーツ少年団

・スポーツ少年団の活動

http://www.japan-sports.or.jp/club/tabid/266/Default.aspx

 

・リーダー資格

http://www.japan-sports.or.jp/club/tabid/275/Default.aspx

 

 

<リーダーが活躍している群馬県内の主なスポーツ少年団>

単位団の中でのリーダー活動の様子がわかります。

 

新町SVCスポーツ少年団

http://shinmachi-sc.org/club01.html

 

箕郷レクスポーツ少年団

http://www4.hp-ez.com/hp/mrec